ゴルフフフッ

ゴルフ経験13年、あやかっこの敏感アプローチ

ゴルフの話

「綺麗な星空のプレゼント」そんな昔話を思い出したの・・・

投稿日:

 

aya

超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです

 

「ねぇ・・・星、めっちゃ綺麗だよ!

 

7月が、もう終わっちゃいますね・・・

この時期になると、

思い出す昔話があるんですよね、

昔話って言っても

5年前のことなのですが・・・

 

今回は、超々個人的な思い出ばなし

「綺麗な星空のプレゼント」

です。

 

とてもとても読んでもらえるような

話ではありませんが・・・

お時間があれば、読んでくださいね~(笑)

 

それでは、ど~ぞ!

 

夜のドライブ・・・

「あやかっこ、ドライブ行こ~」

小学1年からの幼なじみ、

付き合って半年たった頃、

彼からの誘い・・・

19歳の二人は夜のドライブへ・・・

 

免許取り立ての彼の車で、

小高い丘の公園へ行ったの。

 

車を降りて、公園のベンチ・・・

満天の星空の下、

他愛もない話・・・

「来週の花火大会、行こうよ~」

「うん、そうだな~」

「お仕事、早く終われるの?」

彼は、社会人で

ワタシは、大学生・・・

お気楽なワタシの質問に、

「また、会社・・・辞めた・・・

いや、クビになった・・・」

急に険しい顔つきで下を向く彼・・・

「そうなんだ・・・」

「俺さ~、ダメなんだ・・・

ダメ人間かも・・・

金も全然ない・・・

これからも金稼ぐ自信ない・・・」

初めて聞いた彼の弱音に戸惑いながら、

ワタシは星空を見上げた。

 

ワタシが知ってる彼は、自信満々で

いつも前向きで、大袈裟に大声で笑う人。

そんな彼は、そこにはいなかった。

でも・・・

初めて見せてくれた弱気な姿が、

なんだか嬉しかった・・・

そして、会社や上司への不満や批判を

しないところが彼らしいな~なんて思った。

 

満天の星空・・・

「ダメ人間じゃないと思うよ、

お金だって・・・」

なんの慰めにもならないと思いつつ

必死で言葉を探した・・・

 

「ねぇ・・・星、めっちゃ綺麗だよ!」

ゆっくり頭を持ち上げた彼、

二人で綺麗な星空を見上げた・・・

「綺麗だね・・・」

「うん、綺麗だ・・・」

 

いつか何かの本で読んだ言葉を

思い出したワタシは、

できるだけ明るい声で言った・・・

「もし、将来どんなに大金持ちになっても

この星空を買うことなんてできない、

もし、将来どんなに貧乏になっても

ここに来れば、この星空が見れるんだよ」

 

キラキラした星の下、

生ぬるい風と彼とワタシ・・・

 

「いつか、大金持ちになって

買ってやるよ~

この星空を、プレゼントするよ~」

 

(あ~、自信満々の彼に戻ったかな~)

 

「星空なんていらないよ~」

 

(ワタシが欲しいのは・・・

5年後も、10年後も、

この星空を一緒に見上げること)

 

な~んて言いたかったけど、

グッと呑み込んだ、

重たいかな~なんて思ったから。

 

「根拠のない自信すごいね~

宇宙全部を買ってよね~(笑)」

「お~、買う買う、40年ローンで買うよ(笑)」

 

若い2人は、上だけを見ていた・・・

 

あれから5年・・・

早いもので、あれから5年・・・

彼は、立派な立派な社会人に・・・

まだ、宇宙全部を買ってもらってないけど、

綺麗な星空は、今日も二人を見守っている。

 

あの日のこと・・・

覚えてるのか、

忘れてしまったのか、

それは、どっちでもいいけど・・・

 

あの夜の公園に誘ってみようかな~

そして一緒に星空を見上げたいね。

 

今日は、こんな話でした・・・

 

 

えっ~最後まで読んだの?

ヒマなの??

あやかっこでした。

-ゴルフの話

執筆者:


  1. しんごろりん より:

    暇だったみたい
    最後まで読んでしもたがな
    なんか、青春だねぇ

    と思いました。
    しんごろりんでした。

    あっ!最後まで読んだの?
    ありがとうw

    • aya aya より:

      しんごろりんさん、
      ありがとうございます。

      この時期に思い出す、
      青春の思い出話なんです・・・

      コメント最後まで読みましたよ~
      ワタシも暇なのです(笑)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「18番ホールは、 次のラウンドの1番ホールの為に!」どんなに『大たたき』しても、気分良く終わって、次のラウンドに繋げましょう。

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「15,16,17と~~♪私の人生暗かった~♪」   藤 圭子の『圭子の夢は夜ひらく』です。   う~ん、わか …

最強に幸せなゴルファーは、アンパンマンのようなお爺ちゃん!

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「♪何が君の幸せ 何をして喜ぶ解らないまま終わる そんなのは嫌だ♪」   これは、アンパンマンマーチの歌詞です。 &nb …

超簡単に、100切りできる 「秘密の言葉」を教えてあげる!「ボギーオン狙いの2パット、9回のミスがOK」だよ!

超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「あ~、今日も100切れなかったよ~! 」   これは、ワタシのお父さんが よく言ってる言葉です(笑)   ゴルフ歴が15年 …

好きな選手になりきって、ゴルフしてみよう。妄想ゴルフは、イイこといっぱい??

超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。 「俺は、松山英樹だ!」 なんて、 言いながらゴルフしている人は、 ちょっと敬遠したいかも・・・(笑) でもね・・・ こころの中で思っているだけなら、 いいんじ …

「ド・スライスを操る男は、グリーン上でもスライサー」って、お話です。自分の形にこだわる変態ゴルファーがいたのよね~

超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「大事なのは、自分の「形」を持っているかどうかです。」 これは、イチロー選手の言葉です。   この前ね、会社のコンペがあったのね。 そ …