ゴルフフフッ

ゴルフ経験13年、あやかっこの敏感アプローチ

ゴルフの話 レッスン

スライスを直したいのなら・・・これを見てね。桑田泉プロのクオーター理論があなたのスイングを激変させるかもしれません!

投稿日:

aya

超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。

 

「スライスの直し方教えます!」

 

あやかっこ先生が、スライスで悩むあなたに

特別レッスンしますよ~(笑)

 

・・・と言っても、

ワタシは、教えませ~ん!

ワタシの教え方は、超感覚的なのよね・・・

「グッ」とやって、「ビュ」振って、

「バ~ン」って打つ・・・

みたいな教え方(笑)

「全然、わかんね~よ!」ってよく言われるのよね。

 

だから、

今日は特別講師が登場です。

とても理論的で言葉も分かりやすい。

桑田泉プロ

のYouTube動画を紹介します。

 

スライスで悩む

あなたの参考になったらうれしいです。

 

桑田泉プロって?

桑田泉プロは、とっても理論的で、

分かりやすい言葉で説明が上手な

レッスンプロなんですよ~。

プロ野球のジャイアンツ活躍した、

桑田真澄さんの実弟なんです(にっ、似てる(笑))

 

クオーター理論

桑田泉プロは、「クオーター理論」っていう

スイング理論を提唱しています。

 

今回は、この「クオーター理論」の基本の基本

のユーチューブを3本紹介します。

 

第一段階は、「背中・足」

まずは、この動画を見てください。

5:47 からのレッスンを見てほしいのよね。

 

 

「背中・足」の動きで、

1/4(クオーター)のスイングを

習得するのよね。

とても分かりやすいでしょ!

この動きが基本になるので、

しっかりと体得してね。

 

第二段階は、「手打ち・足の裏」

次は、この動画を見てね。

3:56 からをみてね。

 

 

体重移動しない!

ボディーターンしない!

ボールを見ない!

なんて言われても・・・

でもね、

この「手打ち」ってのが大切なんですよね。

そして「足の裏」です。

ここでは、手打ちしてから足の裏を

見せる動きを体得してね。

 

第三段階、「スライス・フックの要素の理解」

最後は、この動画を見てね。

 

 

「手打ち」がフックの要素、

「足の裏」がスライスの要素、

ってことが理解してもらえました?

 

ここまでできれば、

スライスが直っているはずです!

しかも、

フック、フェードの打ち分けができるようになっているはずです。

なかなか、簡単にはできないけどね・・・

何度も何度も、繰り返し見て、

しっかりと理解して、体得してくださいね!

 

まとめ

今回は、桑田泉プロのユーチューブを紹介しました。

3本の動画を見てどうでしたか??

とても分かりやすかったでしょ!

桑田プロのレッスンユーチューブは、他にもあるので

興味のある方は、探してみてくださいね。

 

以上、「あやかっこレッスン」でした!

「お前は、なにも教えてないじゃん!!」っ言われそう(笑)

 

「ユーチューバーになりたい!?」

あやかっこでした。

-ゴルフの話, レッスン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゴルファーには、いろんな自慢があるけれど・・・ヘッドスピード自慢って、意味ないよね~って話です。

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「ヘッドスピード自慢って・・・」   ゴルファーなら誰だって、 自慢の一つや二つありますよね~ 例えば・・・ 「パープレ …

『やばい!』って何なんだ~~! ケース別『やばい』の解説講座です! 

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「ゴルフって、やばいですね~!」   やばいよね~ マジやばい! 『やばい』って言葉が 意味不明で、やばい! &nbsp …

『中部銀次郎のゴルフ』を読んで成長したワタシが作る焼きそばは・・・

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「悪条件を言い訳にするのではなく、その日のテーマにする」   これは、中部銀次郎さん言葉です。 中部銀次郎さんは、日本ア …

「ゴルフは、考えるな、感じろ!」感性を磨くとレベルアップできるかも!

超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。 「考えるな、感じろ!」 英語で言うと、「Don’t think,feel」ですね。 ブルースリーが映画の中で言ったセリフです。   「み …

ゴルフクラブ選びは、恋人選びと同じ!?妄想を膨らましてみました。

超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。 「クラブ選びは、恋人選びと同じ!」 ・・・とワタシは思うんですよね。 特に、男性に当てはまるんですよね。   あっ、今「なんで??」って思いました? …