ゴルフフフッ

ゴルフ経験13年、あやかっこの敏感アプローチ

アプローチ

「アプローチの引き出しを増やしましょう~!」超簡単アプローチの紹介です。名付けて・・・『タップ式アプローチ』 あなたの武器になるかもよ~

投稿日:

 

aya

超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです

 

「アプローチの引き出しを増やそうよ!」

 

アプローチの基本は・・・

腕、手首を固定して、

ボディーターンですよね~

 

基本は、とても大切です。

けどね・・・

もっともっと、

簡単なアプローチがあるの。

 

アプローチの引き出しを

増やして欲しいな~

って思うから紹介するね。

 

ってワケで、今回のテーマは、

「海老原 清治プロに学ぶ、

超簡単アプローチ」

です。

 

一番 感覚のいい指先を意識した

アプローチなのよ~

 

あなたの

七色のアプローチに

もう一色、加えませんか~??

 

それでは、ど~ぞ~!

 

まずは、動画を見てね

海老原 清治プロと言えば・・・

『ゴルフ侍』の おじいちゃんプロ

ですよね~

(ゴメンナサイ、それ以上知りません)

温厚で優しそうな感じが、大好きなのよね~

そんなことは、置いといて・・・

まずは、この動画を見てね~

(最初の5分は、お話なので、

スイングが見たい人は、飛ばしてね)

「さすが~」って感じですよね。

でも、このアプローチって、

ホント簡単なのよね~

きっと、あなたの武器になるわよ~

 

ワタシも、よく使います!

そんなワタシが思う、

このアプローチのポイントを まとめたよ。

動画で言って無いことを中心に書きますね。

 

パターで言うと・・・

パターには、

2種類のストロークがありますよね。

タップ式とストローク式ですね。

 

イメージ的には、タップ式のなのよね。

青木功プロのパッティングだね。

 

だから、このアプローチを勝手に

タップ式アプローチ

と名付けま~す。

 

特徴は?

タップ式アプローチの特徴は・・・

①最小限の動きだからブレない

②器用な指先の感覚を生かせる

③フェースを上手に使える

こんな感じなのよね。

この辺は、動画内で詳しく

説明してくれてるので、

動画をよくみてね。

 

クラブを変えれば・・・

動画内で、海老原プロは、

5番アイアンで

ランニングアプローチしてましたよね。

 

実は、幅広いクラブで応用できるのよ。

例えば、

PWや9番アイアンなら、

ピッチエンドランになるし、

UTやFWなら、

長めのランニングアプローチになるの。

 

距離感や弾道イメージは、

練習して掴んでね。

 

どんな場面で使うの?

タップ式アプローチが

有効な場面は・・・

・芝の薄いライ

・左足下がりのライ

この2つかもね~

 

ザックリしそうな場面で使うと

上手くヒットできますよ~

 

基本的には、どんな場面でも使えるけどね。

 

練習方法は・・・?

右手の親指、人差し指、中指で

クラブを持ち上げて下ろすだけ!

左手は、脱力した方がいいわね。

 

打つだけなら簡単だけど、

最初は、距離感や弾道が

イメージしにくいかもしれません。

 

その辺は、いろいろなクラブで

数を打つしかないかもね。

 

あと・・・

ライの悪い場面を再現するのに、

マットの端にボールを置くといいかもね。

(写真の上が飛球方向だよ)

この状態で、通常のアプローチ

タップ式アプローチで打ち比べてみてね。

ザックリしたらよく分かるので、

タップ式が簡単ってことが、よくわかるよ~

(ザックリして、手首痛めないでね)

 

まとめ

手首を使った『タップ式アプローチ』を

海老原プロの動画と共に紹介しました。

ホントに簡単にヒットできるので、

あなたのアプローチのレパートリーに

追加して下さいね~

 

最小限の動きで、

器用な指先を使い

フェースをコントロールできる。

だから・・・

悪いライで、効果抜群!

って感じだね~

 

 

今日は、ここまで!

 

ホント簡単だよ~!

あやかっこでした。

-アプローチ

執筆者:


  1. やま より:

    アプローチ
    自分は、PW、AW、52度ウェッジを使います。
    以前、UTを使ってアプローチしたこともありますが、失敗。
    普段から練習していないと、本番で上手くいくわけがありません。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「ユーティリティーは役に立つ!」グリーン周りのアプローチは、コロコロ転がせば、ゴルフを簡単にしてくれるよ

超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「ゴルフは、ゴロフ!」 これは、プロゴルファー青木功さんの言葉です。   グリーン周りのアプローチでは、 できるだけ、 「コロコロと転 …