ゴルフフフッ

ゴルフ経験13年、あやかっこの敏感アプローチ

アプローチ

「ユーティリティーは役に立つ!」グリーン周りのアプローチは、コロコロ転がせば、ゴルフを簡単にしてくれるよ

投稿日:

aya

超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです

 

「ゴルフは、ゴロフ!」

これは、プロゴルファー青木功さんの言葉です。

 

グリーン周りのアプローチでは、

できるだけ、

「コロコロと転がしましょう」

という、レジェンドの教えですね。

 

転がすアプローチと言えば、

PWや9Iでのピッチエンドランや

チップショットを思い浮かべると

思いますが・・・

もっともっと簡単に寄せれる

方法があるんですよね~

それは、

ユーティリティーでのアプローチなのです。

 

ってわけで、今回のテーマは、

 転がすアプローチの裏技  

「ユーティリティーは役に立つ!」

です。

 

あなたのお役に立ちたいな~

では、ど~ぞ!

 

 ユーティリティーでアプローチ??

アプローチと言えば、AWやSWで打つものだ!

なんて固定観念を持ってませんか?

もちろん、ウェッジでのアプローチが有効な

場面もあれば、ショートアイアンで転がすのが

有効な場面もあります。

状況判断は必要ですが、あなたの一つの

アプローチの引き出しとして、

ユーティリティーでのアプローチを

提案したいな~なんて思ったのよね。

結果が良ければ、

何で打ってもいいんじゃん!

そう思いませんか??

どんな場面が有効なの・・・?

グリーン周りからのアプローチで、

エッジまで距離があるときは、

パターでは距離を合わせづらいですよね。

また、グリーンエッジからカップまで

距離があるなら、

コロコロが使えるので、

ユーティリティーの出番です!

 

どんな打ち方するの・・・??

さて、打ち方ですが・・・

パターと同じです!

グリップもストロークもパターと同じです。

ただ、パターのイメージで、

ユーティリティーに持ち変えるだけです。

パターに比べて反発係数がはるかに高いので、

芝の抵抗に負けづらいのです。

ホントに簡単なの・・・?

ユーティリティーでのアプローチは、簡単!

なんて言ってますが、

ウェッジでのアプローチに比べて、

「ホントに簡単なの?」って思いますよね。

なので・・・

簡単な理由を、6つにまとめてみました。

 

・小さなふり幅でよく転がるよ!

(ふり幅が小さいからミスしにくいよね~)

・ソールが滑ってくれるからザックリしないよ!

(UTのソールは、丸いからね~)

・パター感覚だから距離感を出しやすいよ!

(打ち方は、パターと同じだからね~)

・ライが悪くても打ちやすいよ!

(どんなライでも気にならないね~)

・風の影響を受けにくいよ!

(コロコロ転がすからね~)

・グリーンの早さ、傾斜がわかるよ!

(次に打つ、パターの参考になるのよね~)

 

こんなにイイこといっぱいです。

思った以上に飛んでくれるので、

距離感をつかむ練習は必要ですが、

覚えてしまえば、

あなたの武器になるはずですよ。

 

まとめ

グリーン周りのアプローチは、

ユーティリティーで打つのも

選択肢の1つですよ!って

お話でした。

ユーティリティーを、直訳すると

「役に立つ」です。

まさに、とても役に立つクラブなのです。

あなたのアプローチの引き出しが増えたならうれしいです。

 

今日は、こんな感じで~す!

 

 ユーティリティーな??

あやかっこでした。

-アプローチ

執筆者:


  1. やま より:

    グリーン周りで、ユーティリティで転がすのもよいですね!
    あっ! 自分も、2~3回やったことありますが、
    距離感合わずにダメでした。
    日頃からどのくらいの距離を転がすか、練習しないと使えませんね!

    • aya aya より:

      そうなんですよね。
      距離感の練習が必要なんですよね。

      距離感さえつかめば、簡単なので、
      スコアメイクの武器になりますよ。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした