ゴルフフフッ

ゴルフ経験13年、あやかっこの敏感アプローチ

ゴルフの話

ゴルフボールの直径は・・・? 「地球の3億分の1」 そんな小さな小さなボールに感情を振り回されて・・・

投稿日:

 

aya

超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです

 

「ゴルフボールなんて・・・ちっぽけさ~」

 

俺たちは・・・

小さな小さなボールに

想いを乗せて、

飛んだとか、入ったとか

大騒ぎしている。

 

ナゼだ?

ナゼこんなに小さなボールに

感情を振り回されるのか・・・?

 

こんな雄大な大地に、

ちっぽけなボールを転がして・・・

 

えっ?

熱でもあるのかって??

違うの・・・

 

ゴルフ馬鹿の

おバカな彼氏の

馬鹿馬鹿な発言なの。

 

ってワケで、今回のテーマは

「小さなボールに想いを乗せて・・・」

です。

 

ちょっとだけ

おバカで

お茶目で

クセの強い・・・

そんな お話です。

 

それでは、

広い心で、ど~ぞ~!

 

18番ホール、1m のパット

最終ホール、残り1m のパット・・・

ラインを読みながら、

彼が語ってます。

 

「ゴルフなんて、ちっぽけさ~

こんな雄大な大地に比べれば、

こんなボールなんて・・・」

「はぁ・・・」

「入っても、入らなくても

どっちでもいいのさ~」

「はぁ・・・」

 

(そんなこと言いながらも、

ラインを読む目は真剣じゃん)

 

「これ、ボギーパットだよね」

「ボギーでもダボでも

どっちでもいいのさ~」

 

(そんなこと言いながらも、

ラインを読む目は真剣じゃん)

 

「これが決まれば、同点だね」

<エブリワンのハンディーあり>

「・・・あっ、あ~」

「負けたら、焼肉ご馳走だったよね~」

「・・・あ~」

 

入れば同点・・・

外せば焼肉・・・

 

(何だかんだ言って、かなり気合入ってるわね~)

 

ボギーパットは・・・

アドレスに入る彼・・・

ガチガチに緊張してるじゃん(笑)

(こりゃ~焼肉、ご馳走さまだな~)

 

打ち放たれたボールは、

カップの右をスルッと通過・・・

 

肩を落とす彼・・・

ヨダレが垂れそうなワタシ・・・

 

言い訳のクセがすごいんじゃ~

ダボパットを沈めた彼は、

大きなタメ息・・・

 

「男なら、今のは決めなきゃダメでしょ~」

「ゴルフボールなんて、ちっぽけさ~」

 

(あっ、なんか面倒くさい予感・・・)

 

「ボールの直径が、約43mmでしょ、

地球の直径は12700kmだからさ~」

「うわ~、始まったよ~」

「俺、この前、計算したんだよ~

ボールなんて、地球の・・・

直径が3億分の1なんだよね~」

「だから~?」

「そんなちっぽけなボールに感情を

振り回させるなんて・・・」

「だから~~??」

「体積で言ったら・・・

3億の3乗分の1なんだぜ~」

「だから~~~???」

 

「だから・・・何でも無いよ・・・」

「地球の3億の3乗分の1とか

意味分からんし~」

「計算するとね・・・」

「も~、言い訳のクセがスゴイ!

も~、焼肉行くよ~!」

「・・・は~い」

 

小さな小さなゴルフボールに

ワタシ達は、熱い想いを乗せる。

大きな大きな地球の上に、

ワタシ達は、熱い想いを乗せる。

そして・・・

熱い熱いアミの上に

ワタシ達は、お肉を乗せる・・・

ジュ~ってね。

 

 

今日は、そんな お話でした。

 

ゴルフ場では立場が上の・・・

あやかっこでした。

-ゴルフの話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「宝くじで5億円当選したら・・・」そんな夢のある空想を楽しみましょう。

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「宝くじ、当たらないかな~~」   そんなこと、 誰でも考えたことありますよね~   当たったら・・・ 「あれ …

「篠﨑 愛選手」と地クラブメーカー「モダート」について調べたよ! どちらもブレイクの予感だよね~

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「ねぇ~ゴルフサバイバル見た??」   面白かったよね~ 『ゴルフサバイバル 12月の陣』   6ホールのプレ …

「ド・スライスを操る男は、グリーン上でもスライサー」って、お話です。自分の形にこだわる変態ゴルファーがいたのよね~

超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「大事なのは、自分の「形」を持っているかどうかです。」 これは、イチロー選手の言葉です。   この前ね、会社のコンペがあったのね。 そ …

中古ショップの店内に並ぶゴルフクラブのONLY ONEな物語です。

超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「♪花屋の店先に並んだ・・・・ NO,1にならなくてもいい もともと特別なONLY ONE♪」   SMAPの「世界に一つだけの花」で …

「パッティングのとき、グローブを外しますか?外しませんか?」外さない派のワタシが、それぞれの理由をまとめてみました。

超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「パターのとき、あなたはグローブしてますか??  」   パターのときは、 グローブを外すよ~ って人と グローブつけたままだよ~ っ …