ゴルフフフッ

ゴルフ経験13年、あやかっこの敏感アプローチ

ゴルフの話 女子プロゴルフ

「スタジオアリス女子オープン」観戦レポート??いいえ、ただの感想文です。テーマは「夢」

投稿日:

aya

超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです

「あなたの夢は、なんですか?」

なんて聞かれても困りますよね。

大人は「夢」なんて語らないもの・・・

なんとなく、思ってませんか?

うん、ワタシは、思ってました。

 

ってことで、今回のテーマは、

女子プロゴルフ

「スタジオアリス女子オープン」

観戦レポート 第一弾 「夢」です。

(あっ、ただの観戦感想文ですので・・・お気楽に・・・)

興奮冷めやらぬ、あやかっこの”たわ言”です。

広い心で、読んでみてね~(笑)

 

キラキラ眩し過ぎ

4月6日(金)~8日(日)の3日間、

兵庫県の花屋敷ゴルフクラブよかわコース

で、開催された「スタジオアリス女子オープン」

に2泊3日の観戦旅行に行ってきました。

 

女子プロゴルフの観戦は、

今まで何度も行ってますが・・・

いつも思うんですよね。

「選手が、キラキラと輝いてる」って。

ゴルファーにとって憧れの存在ですから・・・

もう、とにかくキラキラと眩し過ぎて

直視できないくらいなんです。

 

「選手としてプレーしたい!」

3日間、観戦して感じたことは、

いろいろとありますが・・・

ここでは、1つだけ言います。

「選手としてプレーして~!!!!」

 

手が届きそうな距離にいるコース内の選手

とギャラリーエリアのワタシを

細いロープが仕切ってるんですよね。

絶対越えられない高くて分厚い壁のように・・・

 

でも・・・

観戦しながらも、

自分が、選手の一人として、

プレーしてる姿を妄想するんですよね。

多くのキャラリーの視線の中、ショットを打つ姿を、

ピリピリとしびれるバーディーパットを打つ姿を。

 

わかってるんですよ、

ワタシにそんな権利が無いことも、

実力が無いことも・・・

そう、「夢」なんです。

 

「夢」語っちゃえ~!

こんなワタシが、

「プロの試合に出たい!」

なんて言ったら、

「はぁ?身の程知らずが~!!」

ですよね。

 

でもね・・・

ワタシ思ったんです。

「夢、語っちゃえ~」

って・・・

 

「夢」、語っちゃダメなのかな?

誰にだって、夢を持つ権利あると思うんですよね。

子どもは、もちろんのこと、大人も、

おじいちゃんもおばあちゃんも。

 

「夢」の大きさや中身について、

誰にも文句言う権利なんてないと思うんです。

ワタシの「夢」は、ワタシのものですから・・・

あなたの「夢」は、あなたのものですから・・・

 

そして、その「夢」に向かって、

1mmでも近づくために努力することが、

大切なんじゃないのかって。

 

「夢」破れることは、かっこ悪いことじゃない!

大きな夢を語って、

鼻で笑われるのが怖い。

夢に向かって努力しても

叶わないとカッコ悪い。

なんて、ワタシ思ってました。

いや、今も思ってるかもしれません。

でも、ホントかな・・・

 

「ワタシらしく生きる」?

でも、ワタシは語っちゃいます。

そして、その夢に向かって、努力します。

なぜか・・・

それは・・・

上手く言えないけど・・・

「それは、ワタシにしか できないこと」

「ワタシらしく生きる」みたいな感じかな。

う~ん、上手く言えない・・・

 

ワクワクしかないじゃん!

ゴルフが大好きなワタシの場合、

「プロの試合に出たい」って

大きな大きな「夢」を描くでしょ。

そして、

日々、練習やトレーニングを

今まで以上に頑張ると

もしかしたら、夢叶うかもしれないじゃない。

たとえ叶わなかったとしても、

ゴルフが上達して、

上達した分、今まで以上に

ゴルフが好きになると思うのよね。

 

そんなの、もう「ワクワク感」しかないじゃん!

「夢」語ったら、ワクワクしかないじゃん!

 

そして、ワタシも

ちょっとだけキラキラしてるかもしれないじゃん(笑)

 

まとめ

ま~なんとも、まとまりのないグダグダな文章ですが・・・

観戦して、感じたことを一気に書いてみました。

「夢を持つ」と

「その夢に向かって、努力する」

それが、

「ワタシらしく生きる」

ってことなんだと思います。

そして、その先には、ワクワクしか待っていません!

 怖がらずに、「夢」を持ちましょう! 

って話でした。

 

今日は、こんな感じで~す!

広い心で、最後まで読んでくれて、

ありがとうございま~す。

 

もう一度聞きます。

 

「あなたの夢は、何ですか?」

 

あやかっこでした。

-ゴルフの話, 女子プロゴルフ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ミスショットして、クラブに八つ当たりしていませんか?クラブとプレーヤーの信頼関係がナイスショットの近道かもしれませんね。

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「ミスショットは、クラブのせい??」   誰でもミスショットしますよね~ そんな時、 クラブに『八つ当たり』してませんか …

トップでは、止まってるように見えるが正解? 止める意識は、必要無いんじゃね~!

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「トップで止まった方がいいの?」   今日は、友達と練習場へ・・・ 最近ゴルフを始めた 彼女のスイングチェックが 目的で …

「ワタシは、遺伝子組み換えでないジャガイモ ゴルファー」ど~でもいい話で~す!

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「遺伝子組み換えでない・・・」   ポテチなどの原材料表示に 書いてあるじゃん、 じゃがいも(遺伝子組み換えでない) み …

飛ばしの最終兵器??? 叫べ叫べ!あ゛あ゛っ~~~!! (注意!)良い子は、マネしないでね~ 

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「飛ばしの最終兵器????」   男の人ってさ~ 飛ばすの好きよね~   「1ヤードでも遠くに飛ばしたい!」 …

30年後の女子プロゴルフを考えてみたら・・・このまま人気は安泰!って結論です。

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「30年後の女子プロゴルフ・・・」   女子プロゴルフ、大人気ですよね~ 2018年は、38試合が開催され、 賞金総額は …