ゴルフフフッ

ゴルフ経験13年、あやかっこの敏感アプローチ

その他

秋の思い出・・・「お祖母ちゃんの涙と夕焼け」 モヤモヤっとする話です。

投稿日:

 

aya

超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです

 

「♪夕やけ小やけの 赤とんぼ♪」

 

秋ですね~

秋になると、

童謡『赤とんぼ』

を思い出します。

 

小さな小さなワタシに、

お祖母ちゃんが歌ってくれた

『赤とんぼ』

 

今日は、そんな思い出話です。

現実なのか夢なのか・・・

曖昧な思い出なんですけどね~

 

ってワケで、今回のテーマは

「お祖母ちゃんの涙 と 夕やけ」

です。

 

モヤモヤっとする お話ですが・・・

秋の夜長に、ど~ぞ~!

 

歌好きな、お祖母ちゃん・・・

ワタシのお祖母ちゃんは、

明るくて、ユーモアがあって、

歌うのが大好きなのです。

 

童謡も歌謡曲も演歌も

なんでも歌います。

口ずさむメロディーには、

やさしさと透明感・・・

そして、ほのかな切なさ があります。

 

数日のお泊り・・・

記憶は曖昧ですが・・・

5歳くらいのころ、

お祖母ちゃんの家に数日間、

お泊りすることになりました。

両親は、ワタシだけを置いて

帰ってしまいました。

 

心細いけど、

大好きな祖父母と過ごせる

楽しい時間でした。

 

涙と夕やけ・・・

何日目かの、夕方だったと思います。

お祖母ちゃんと手を繋いで

川原を歩いていました。

もちろん、

お祖母ちゃんの歌を聴きながら・・・

 

真っ赤な夕日が街を赤く染めて、

二人の影が長く伸びています。

 

「♪夕やけ小やけの~赤とんぼ~♪」

 

急に両親が恋しくなったワタシは、

泣きだしてしまいます・・・

 

「も~、帰りたいよ~ママに会いたいよ」

 

繋いだお祖母ちゃんの手を

振りほどこうとするワタシ・・・

 

お祖母ちゃんは、ギュッと強く

ワタシの手を握り歌い続けます。

 

「♪負われて見たのは~♪」

 

しばらくして、

お祖母ちゃんの歌に癒されて

泣き止んだワタシ・・・

 

お祖母ちゃんの顔を見上げると、

目いっぱいに涙を浮かべて

歌ってるお祖母ちゃん・・・

 

(えっ、泣いてるの・・・)

 

ワタシは、繋いだお祖母ちゃんの手を

ギュッと握り返して、

一緒に歌を口ずさみました。

 

「♪夕やけ小やけの~赤とんぼ~♪」

 

二人の歌を、夕日が照らしていました。

 

まとめ

秋になると思い出す

お祖母ちゃんの『赤とんぼ』

なのですが・・・

 

幼かったワタシの記憶・・・

これが現実なのか、夢なのか・・・

 

お母さんに、聞いたことがあります。

「5歳くらいの頃、お祖母ちゃん家に

ワタシ一人で、泊まったことあるよね?」

 

「あるワケないでしょ~、

泣き虫で甘えん坊のだったのに~」

 

でも・・・

確かにワタシは聴きました、

夕日の中、手を繋いで

お祖母ちゃんの『赤とんぼ』を・・・

 

そして、お祖母ちゃんの涙・・・

 

その涙の意味は分かりませんが・・・

お祖母ちゃんは、

今日も歌を口ずさんでいます。

 

今日は、こんな感じです。

モヤモヤっとした話でしょ~

 

『小やけ』って何だ?

あやかっこでした。

-その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

小さな小さな脳みそで考えたこと・・・

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「お墓参りは、何のため?」   子どもの頃、 そんな疑問を持ってました。   あの頃、お盆の楽しみは、 ・祖父 …

「お母さんのお味噌汁」ってやっぱり美味しいよね~ってお話です。

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「やっぱり、お母さんのお味噌汁!」   お味噌汁って美味しいですよね~ 地方によって、 または、家庭によって、 味に違い …

「ゆっくりと時間が過ぎる休日」ただの日記で~す。

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「カップヌードルのカレー味・・・」   昼下がりのファミレス・・・ 彼氏と向かい合ってティータイム、 ゆっくりと過ぎる時 …

「存在感って何だろう?」冷蔵庫って目立たないけど・・・

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「存在感って、何だろう?」   って、思ったので、 今日は、そんな話を・・・   我が家の『冷蔵庫』が調子悪く …