ゴルフフフッ

ゴルフ経験13年、あやかっこの敏感アプローチ

ゴルフの話

ミスショットして、クラブに八つ当たりしていませんか?クラブとプレーヤーの信頼関係がナイスショットの近道かもしれませんね。

 

aya

超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです

 

「ミスショットは、クラブのせい??」

 

誰でもミスショットしますよね~

そんな時、

クラブに『八つ当たり』してませんか?

 

 クラブで地面を「ド~ン!!」と叩いたり・・・

 

分かっているとは思いますが、

そのミス、あなたの腕のせいですよ~!

 

そう言うワタシも、

やってしまう時があるんです・・・

 

ってワケで、今回のテーマは、

「ゴメンネ、5UTちゃん

泣かないで~~!」

です。

 

ちょっと、せつないクラブの物語です。

それでは、ど~ぞ~!

 

地面にド~ン!は、ダメよ~

ラウンド帰りの車の中、

キャディーバックの中のクラブ達は、

疲れてグッスリ寝てしまってます。

 

今日も楽しかったな~なんて思いながら、

快適に田舎道を走っていると、

どこからか、すすり泣く声が・・・

 

「エッ、誰? 誰が泣いてるの?」

運転しながら、周りをキョロキョロしてると、

 

「今日はゴメンネ・・・あやかっこ」

「あっ、5UTちゃん、なんで泣いてるの?」

 

「ボク、ぜんぜん活躍できなくて、

あやかっこを怒らせたかもって思って・・・」

 

いつもは、クールでキザな5UTの

途切れそうな弱弱しい声・・・

 

「怒ってないよ~、今日も楽しかったじゃん」

「ボクの出番は、3番ホールの

セカンドショット1回だけでさ~」

「う、うん・・・」

「グリーンを大きく外しちゃって、

地面にド~ン!ってされちゃうし・・・

2度と出番は無いし・・・」

 

5UTの涙声が、ワタシの胸に突き刺さる。

 

「ゴメンネ、ド~ン!ってして・・・

痛かったでしょ。」

「うん、痛かった・・・」

 

「ミスショットは、ワタシが悪いのに・・・」

「違うよ、ボクが悪いんだ~」

「ワタシがヘタだからだよ~」

「違うよ、ボクがヘボだからだよ~」

お互い譲らない二人・・・

 

「5UTちゃんを使いこなせてないよね、ワタシ・・・」

「もっともっと、出番が欲しいな~」

「もっと、5UTちゃんを練習しないとね~」

「ボクも、もっと信頼されたいな~」

 

「ねぇ~、みんな寝てるし、今から二人で練習場行かない?」

「うん、いいね~」

 

ゴルフ場 帰りの車は、そのまま

練習場に滑り込んで行きました・・・

 

まとめ

ミスショットして、地面をド~ン!って、

クラブに八つ当たりするのは、最悪ですよ!

(反省、反省・・・)

 

ミスショットは、プレーヤーの責任です。

クラブを信頼し、

クラブからも信頼される・・・

そんなプレーヤーになりたいですね。

 

クラブとプレーヤーの信頼関係が

ナイスショットへの

近道なのかもしれませんね。

 

 

今日は、こんな感じで~す。

 

 

練習後は、いつものクールでキザな5UTに戻ってました・・・

ゴメンネ5UTちゃん。

あやかっこでした。

-ゴルフの話

執筆者:

関連記事

綺麗な桜

<スタジオアリス女子オープン観戦レポート> 3つの『静』が美しい! 地味な地味な観戦レポートです・・・

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「静かに・・・美しく・・・」     4月12日(金)~14日(日)に 「スタジオアリス女子オープン」 を観戦 …

「逆境こそチャンスだぜぃ」 雨の日のゴルフは、準備と気持ちで楽しみましょう!

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「♪ 逆境 こそが チャンス だぜぃ 雨も嵐も ♪」   楽しみにしていたゴルフラウンドが、 「まさか!雨!!」 なんて …

テキトーが適当

ゴルフを忘れてゴルフをしよ~! テキトーが、あなたの『直感』を呼び起こすのよ

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「ゴルフを忘れてゴルフしょ~」     ゴルフするときに、 ゴルフのこと考えてるでしょ~?   「当 …

「う~ん、これって何の話だ?」アリ?ゴルフ?

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「アリの巣は、雨が降っても浸水しないんだよ!」   ゴルフ場のティーグランドの端っこに、 アリの巣を見つけたワタシは、 …

あなたのスイングの『ポイント』を教えてくれる グローブ先生 のお話です。ホントにちょっとしたことだけど効果ありますよ~

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「グローブ先生~!」   練習場で、 スイングの『ポイント』を掴んで、   「これでOK!」なんて思って、 い …