ゴルフフフッ

ゴルフ経験13年、あやかっこの敏感アプローチ

ゴルフの話

「う~ん、これって何の話だ?」アリ?ゴルフ?

 

aya

超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです

 

「アリの巣は、雨が降っても浸水しないんだよ!

 

ゴルフ場のティーグランドの端っこに、

アリの巣を見つけたワタシは、

知ったかぶりを言ってみたの。

 

「よく知ってるじゃん!」

 

アリの巣を覗きこんだ彼に、

ワタシは続けたの、

「アリは雨の気配を感じると、

巣穴の入り口に土をかぶせてフタをするんだって」

 

前の組のカートは、セカンド地点に向かっている。

 

アリの巣を覗き込むように腰を下ろした彼の隣に

ワタシも腰を下ろしたの。

 

二人にジッと見つめられたアリ達は、

せかせかと忙しく歩き回ってる・・・

 

あの頃と同じように・・・

 

なんでも知ってる男の子

小学校に入学して最初にできた友達は、

何でも知ってる男の子。

放課後はいつも一緒にいたのよね。

一緒にいたってよりは、

ワタシが、くっ付いていた感じかな・・・

 

その男の子が、

川に行けばワタシも川に・・・

木に登ればワタシも木に登る・・・

アリの巣を覗けばワタシも覗く・・・

 

何でも知ってる男の子は、教えてくれた

川の水がどこから来てとこに行くのかを、

木登りのコツを、

アリの巣が浸水しないことを・・・

 

二人の子ども・・・

「何してるの?」

公園の隅っこで座り込む同じクラスの男の子が

気になって初めて声をかけたの。

「アリの巣・・・」

「ん?」

小さな穴から

出たり入ったりしてるアリ達。

「アリの巣は、アリの家なんだ、

この地面の中にたくさんの部屋があってね・・・」

ワタシの知らないことを分かりやすく教えてくれる

なんでも知ってる男の子。

せかせかと歩き周るアリを眺めながら、

巣の構造のこと、アリの生態のことなどを

ゆっくりと教えてくれた。

アリと男の子の横顔を交互に見つめながら、

ワタシは聞いたの

「雨が降ったら、アリの巣に水が入っちゃうね」

「アリはね、雨が振りそうになるとね・・・・

土をかぶせてフタをするんだよ」

 

二人の小さな子どもは、辺りが薄暗くなるまで

しゃがみこんで、アリを眺めていました。

 

女王アリ・・・

「俺は、働きアリだな・・・(笑)」

ティーグランドで、小さく呟いた彼・・・

「そうだね・・・(笑)」

 

前の組のカートは、セカンド地点から動き出した。

 

「あっ、オナーはワタシだっけ・・・」

「女王アリからだよ~(笑)」

「も~、笑わさないでよ~」

 

笑顔のままショットするワタシ・・・

 

アリの巣を眺めていた

二人の子どもは、

今も仲良しだ・・・

 

なんでも知ってる男の子は、

ワタシの気持ちを

なんでも知ってる。

 

2つのボールがフェアウェイに並んでる。

アリの巣を眺める二人の子どものように・・・

 

今日はこれで、おしま~い!

 

だっだれが、女王アリやね~ん!(笑)

あやかっこでした。

-ゴルフの話

執筆者:

関連記事

ボギーオン

ボギーオン率100%を目指そう! 守りのゴルフ?イヤイヤ、ゴルフの『底力』UP間違いなし!

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「ボギーオン率100%!」   ねぇ~、 最近のゴルフの調子はどう?   わぉ~!絶好調?? えっ~!全然ダメ …

「ゴルフは、考えるな、感じろ!」感性を磨くとレベルアップできるかも!

超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。 「考えるな、感じろ!」 英語で言うと、「Don’t think,feel」ですね。 ブルースリーが映画の中で言ったセリフです。   「み …

ティーアップ

「ドライバーは、やさしいクラブ」って思える簡単ドリルの紹介! 苦手意識を克服すれば「ドライバーって簡単じゃ~ん!」って言っちゃうぞ~

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「ドライバーが苦手なんて言わせないぞ~!」     14本のクラブの中で、 一番やさしいクラブって 何だと思う …

「ミスを冷静に分析して、ラウンドを振り返ろう!」 そこにあなたの先生がいるかもしてません。

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。 「人生に失敗がないと、人生を失敗する。」 これは、歌人・斉藤茂吉さんの言葉です。   「失敗」だらけのワタシが言うのもなんですが・・・ …

悪魔

ドラコン賞の獲り方を教えます!?『戦略的ドラコン略奪大作戦』

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「ドラコン賞をGETだぜ~!」   会社のコンペって、 ニアピン賞とか ドラコン賞がありますよね。   で、ワ …