ゴルフフフッ

ゴルフ経験13年、あやかっこの敏感アプローチ

ゴルフの話

ショットの時に、見られていると気になってしまう・・・って人に、参考にならない提案をしてみたいと思います。妄想名人あやかっこの「人の目」が快感になるかもしれない必殺奥義です。

aya

超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです

 

肉体は隠すためじゃなく、見られるためにあるのよ

 

これは、マリリン・モンローの言葉です。

 

人間には2つのタイプがあるようです。

「見られると、燃えるタイプ」

「見られると、萎縮するタイプ」

あなたは、どっちですか??

 

もちろん、ゴルフの話ですよ!

ショートホールのティーグランドは、

渋滞気味になることがありますよね、

そんな時、後ろの組が見てないようで、

見ている・・・なんてことありますよね。

 

えっ?ワタシ?

もちろん、燃えちゃうわよ~

 

ってことで、今回のテーマは、

「燃える女、あやかっこの

大ギャラリーに囲まれて・・・」

です。

 

参考になりませんが・・・

読んでみてね~

 

妄想名人あやかっこ・・・

「あ~、詰まってるわね~」

「このショートホールは、いつも混雑するのよね~」

「目立たないところで、待機ね・・・」

 

こんな状況ってありますよね~

イライラせずに、気長に待ちましょ~

なーんとなく、暇つぶしに

前の組のショットを眺めている人も

いるんじゃないでしょうか。

 

いざ、自分の番が来たときには、

後ろの組が、待機中・・・

見るのはいいけれど、見られるのは苦手・・・

 

そんな人におすすめ(?)したい

妄想名人あやかっこの

「人の目」を快感にする方法で~す。

 

大ギャラリーを妄想・・・

さて、グリーンが空いて、

ボールをティーアップ、

素振りをしてると・・・

なんとなく、後ろの組の視線を感じる・・・

 

<ここからが妄想>

ん~、ギャラリーがいるのね。

ワタシのプレーを見にゴルフ場に来たのね・・・

あら・・・

ティーグランドを囲むように

たくさんのギャラリーがいるじゃないの・・・

ふと、グリーンを眺めると・・・

グリーン周りにも、たくさんのギャラリーが・・・

そんな多くの視線がワタシを見つめている・・・

そう、みんなワタシのプレーを見に来たのね・・・

 

ツアー最終日最終組、

優勝争うをするワタシは、

16番ホールのティーグランドに・・・

ここで、バーディーを獲れば、

首位の鈴木愛選手に追いつくことができる。

 

ピンをデッドに狙うしかないわね・・・

大ギャラリーの視線を一身に浴びながら、

ワタシは、ゆっくりとテークバック・・・

「パシュッ!」

乾いた音を残して、

糸を引くようなボールがピンに向かって・・・

「ドスンッ!」

ピンハイ50㎝にピタッ!

 

ギャラリーからは、どよめきと共に

響き渡る拍手の嵐・・・

ティーを拾い上げ、

ギャラリーに向かって、

軽く右手を挙げるワタシ・・・

軽く微笑んだドヤ顔で・・・

(バーディーは、もらったわ~)

<ここまでが妄想>

 

これが、「人の目」を快感に変える、

妄想名人あやかっこの必殺奥義なのであ~る!

 

余計、緊張するよ~

「そんな妄想したら、余計に緊張して

ミスショットしてしまうよ~」

って人に言いたい!

「はい、ワタシも緊張するよ~、

でもね、なんとなく集中力がアップする

ような気がするのよね~」

 

で?結果は??

そんな妄想することによって、

結果がどうなるんだ?

集中力がアップして、ナイスショットが打てるの?

って思いますよね・・・

 

結果はね・・・

いつもと一緒なの(笑)

だって、実力以上の結果は出ないのよね(笑)

 

ただ、

見られてるのイヤだな~

なんて思ってショットするより、

「人の目」を楽しんじゃお~

ってことなのよね。

 

まとめ

ショットするときに、見られてるのイヤだな~

って気持ちになってたらもったいない!

 

見られていることが快感になるかもしれない

方法を提案してみました(笑)

 

ねっ!全然、参考にならないでしょ~(笑)

 

 

「お前なんか、見ね~よ!」って言われそう・・・

あやかっこでした。

-ゴルフの話

執筆者:

関連記事

「ゴルフは、人生の縮図??」お父さんに教えられた『意志』の大切さ・・・

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「ゴルフは、人生の縮図??」   な~んて言われても、 ピンとこないのよね~   若造のワタシには、 「人生」 …

自分の飛球を見失ってませんか? 見失わないコツと練習方法を紹介するよ~!なんの役にも立たないけどね~

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「あれ?どこに飛んでいった?」   自分で打ったボールを 見失う人いますよね~   あれ?どこ行った? な~ん …

「ド・スライスを操る男は、グリーン上でもスライサー」って、お話です。自分の形にこだわる変態ゴルファーがいたのよね~

超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「大事なのは、自分の「形」を持っているかどうかです。」 これは、イチロー選手の言葉です。   この前ね、会社のコンペがあったのね。 そ …

「Kenneth Smith(ケネス スミス)のゴルフボールとの出会い」 タイムスリップしてゴルフを楽しみたいな~

超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「故きを温めて新しきを知る」 そうね、「温故知新」ね。   今日ね、練習場に行ったのね。 そう、打ちっぱなしで練習してたの。 そしたら …

「ニアピン賞の取り方を教えてあげる」グリーンセンターにドス~~ン!! これでオールオッケ~だよ!

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「ニアピン賞、おめでとう~!!」     ゴルフコンペで、『ニアピン賞』取りたいよね。 だって、 景品もらえる …