ゴルフフフッ

ゴルフ経験13年、あやかっこの敏感アプローチ

ゴルフの話

「待ちチョロ」なんて もうしない!上手に待つには、「空を見よう!」 

超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです

 「ん~、前の組 遅いな~~」

 

イライラするよね。

 

セカンドショット打とうと思ったら、

前の組が、グリーンでタラタラ・・・

素振りを繰り返してみても、

まだ、グリーンが空かない・・・

あ~イライラする~

って経験、誰でもありますよね。

で・・・

やっとグリーンが空いて、

「さぁ打つぞ~」と気合を入れたショットは、

チョロ・・・

これって、ゴルフあるあるですよね。

いわゆる「待ちチョロ」ってやつです。

チョロまでは、しなくても、

待った後は、ミスショットがつきものですよね。

 

ゴルフに、「待つ」って行為はつきものです。

自分の打順の時以外は、全て「待ち」かもしれませんよね。

 

イライラせずに、上手に待てると

ミスが減らすことができるかもしれません。

 

ってわけで、

今回は、ワタシが実践する

「上手に待つ方法」を紹介します。

 

どうしてもイライラしちゃう方は、

参考にしてみてくださいね。

 

「空を見る!」

あやかっこ流のイライラせずに、上手に待つ方法は、

「空を見る!」です。

「なんじゃそりゃ!」っと言われそうですが・・・

これって、効果あるんですよ~!

そんな、上手に待つ「空を見る」方法の

ポイントを3つにまとめてみました。

①クラブを持たずに「空を見る」

クラブは、手に持たないでください。理由は、ゴルフのことをさっぱりと忘れるためです。ゴルフのことを忘れて、「空、青いな~」とか「あの雲、パイナップルみたい」なんて思いながら待つと、イライラなんてしないですよ。

ワタシは、おいしそうな雲を探しています(笑)

②体の力を抜いて「空を見る」

素振りをしたり、グリーンを見つめて待ってる時って、どんどん体に力が入っていくんですよね。知らず知らずのうちにね。だから、完全脱力で空を見ましょう。ふわふわっと空を飛んでいるイメージです。

力を抜きすぎて、たま~に、ヨダレが垂れているワタシです(笑)

③頭をカラッポにして「空を見る」

もうこれが出来れば、待ちの達人です。”無”の境地ですよね。できるだけ余計なことを考えないってことです。考えれば考えるほどミスを招くことありますもんね。

もともとカラッポ頭のワタシです(笑)

まとめ

ゴルフラウンドの多くの時間は、「待ち」の時間ですよね。そんな「待ち」の時間をイライラして過ごしたら、いい結果につながりませんよね。そして、何よりせっかくの楽しいゴルフプレーがつまらなくなってしまいます。

前の組を「待つ」のって、長く感じますが、実は5分も無いんですよね。ほんの数分です。その時間を気持ちのOFF時間にしてみるってことがコツのような気がします。

集中力は、ずっと続きません。空を見て、気持ちをOFFにしましょう。そして、次のプレーにつなげましょう~。

今日は、こんな話でした。

 

参考になりました??

全然ならなかった・・・??

ですよね・・・

「白馬に乗った王子をいつまでも待ってる

あやかっこでした。

-ゴルフの話

執筆者:

関連記事

「バーディーの獲り方を教えよう!」って、ゴルフの神様に言われたの~ 

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「バーディーの獲り方を教えよう!」   な~んて言われたら、 ゴルファーなら誰でも 「教えて~!」って思うよね~ &nb …

ティーアップ

「ドライバーは、やさしいクラブ」って思える簡単ドリルの紹介! 苦手意識を克服すれば「ドライバーって簡単じゃ~ん!」って言っちゃうぞ~

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「ドライバーが苦手なんて言わせないぞ~!」     14本のクラブの中で、 一番やさしいクラブって 何だと思う …

○○学

「ゴルフ上達には、〇〇学が必要?」そんなクイズ出されたら、表情が固まるよね~

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「ゴルフは、○○学・・・」   ゴルフの上達には、 『学問』が必要なのよ~ ってのは、ウソウソ!   学問なん …

大人も夢をみようぜ~!「月からワンオン、可能かもよ~」妄想宇宙ゴルフ物語です・・・

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「大人も夢をみようぜ~!!」   世界一の飛ばし屋と言われてる ダスティン ジョンソンは、 315ヤード以上飛ばすんだっ …

「ミスを冷静に分析して、ラウンドを振り返ろう!」 そこにあなたの先生がいるかもしてません。

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。 「人生に失敗がないと、人生を失敗する。」 これは、歌人・斉藤茂吉さんの言葉です。   「失敗」だらけのワタシが言うのもなんですが・・・ …