ゴルフフフッ

ゴルフ経験13年、あやかっこの敏感アプローチ

ゴルフの話

「優柔不断なワタシのクラブ選択」選べない女って罪なのよね~。

 

aya

超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです

 

「人生は選択の連続だ!

 

優柔不断なワタシには、難しいのよね~

選べないのよね~

アイスにするか、プリンにするか・・・

究極の選択なのよね。

えっ、今日はスイーツの話?

いいえ、ゴルフの話ですよ~

ゴルフラウンドの選択と言えば、

クラブ選択ですよね。

特に番手と番手の中間距離を打つ時の

クラブ選択って迷いますよね~

 

ってことで、今回のテーマは、

「優柔不断なワタシのクラブ選択」

選べない女って罪なのよね~(笑)

です。

 

参考になりませんが、

読んでくださいね~

 

では、ど~ぞ!

 

優柔不断なワタシ・・・

残り105ヤード打ちたい・・・

ちょうど中間なのよね。

PWで100ヤード

9Iで110ヤード、

これが、ワタシの飛距離なのよね。

PWで手前から・・・

9Iでコントロールショット・・・

う~ん、どっちにしよ~

あ~、やっぱり「ゴルフは手前から」

って言うもんね・・・

いや・・・でも・・・

ベタピン狙いたいのよね~

あ~、どうしよう、どうしよう・・・

優柔不断なワタシは、2本のクラブを握って

迷うわけですよ・・・

アイスとプリンの選択なら、

「両方食べちゃえ~!」って

素晴らしい結論が出せるのですが、

クラブ選択は、そうはいきません。

どちらかを選ばなきゃいけませんよね。

「あ~、どっちにしよ~」

 

自信家のPW と 謙虚な9I

「そりゃ、俺っしょ!俺しかないでしょ!」

「ん?PW君ね、めっちゃアピールしてくるじゃん」

「ここは、俺に任せろよ!

俺でビッシッと打てば、105ヤード飛ばすからさ~」

「ホント!じゃあPW君で打とうかな~」

「あ、あの~、僕じゃダメかな・・・」

「えっ?9I 君・・・自信なさげね」

「う、うん、奥に行っちゃうかもしれないし・・・

自信ないな・・・僕」

「自信ないなら、引っ込んでろよ~、

ここは、絶対に俺だね!9I じゃ無理だね!」

「い、いや・・・PWじゃ届かないかも、た、たぶん

僕でコントロールすれば、

ちょうどの距離だよ・・・た、たぶん」

「あ~、もうどうしたらいいの~」

 

二人のクラブに言い寄られた

優柔不断なワタシは、

迷いに迷うわけなんですよ。

 

結論は、中途半端な・・・

「わかったわ!いいこと思いついたわ~!

あのね、9I で打つわ!

でもね、PWのつもりで打つの!」

「はぁ?9I で打つ? なんだそれ!」

「え、えっ・・・PWのつもりで打つの?」

「だって、決められないんだも~ん!」

 

ってことで、

優柔不断なワタシは、

9I を短く握り、

これはPWだって思い込んで

打ったのでした。

 

おしまいで~す。

 

えっ?結果はどうなったって?

うまくいくわけないじゃん(笑)

 

 

9I に抱かれながら、PWの夢を見る女・・・

あやかっこでした。

-ゴルフの話

執筆者:

関連記事

「ゴルフ前夜は、ワクワクしますよね~」でもね、クラブもワクワクしてるかもよ。そんなクラブのゴルフ前夜の切ない物語です。

超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「明日、ゴルフだ!ワクワクするわね~」   もう、頭の中は、ゴルフ一色! ナイスショット、ナイスプレーしか イメージできない。 も~、 …

理論上

「誰でも70台のスコアを出せる方法!」そんな机上の空論を信じちゃダメだよ~!

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「理論上は可能・・・??」     誰だって、 「70台のスコア可能だよ~」 ・・・理論上はね~   …

クラブセッティング症候群

クラブセッティングに悩める父は、「クラブセッティング症候群」かもね~ そんな病気もゴルフの楽しみかもね~って話です。

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「これ、病気だね・・・」   ゴルフってさ~ 道具を選べるスポーツだよね~ 14本のクラブを組合せて、 自分だけのセッテ …

初めてのゴルフ場は、この8つをチェック! どんなコースかチェックして、スコアメイクしようね~

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「♪はじめての~チュウ~♪」   ワタシの初めてのチュウは・・・ いやいや、そんな話じゃなくて・・・   今回 …

「エリナの100切り挑戦物語」ワタシが初めてコーチしたけど・・・

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「エリナの100切りは・・・」   今日は、会社のコンペ!   ワタシが初めて 初心者をコーチしたのが、 同期 …