ゴルフフフッ

ゴルフ経験13年、あやかっこの敏感アプローチ

ゴルフの話

『理想のアプローチ』は、身体の動かし方を意識しないこと! ボールを投げるように、ボールを打ちたいって話だよ~

 

aya

超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです

 

「理想のアプローチとは・・・」

 

『理想』を語ると、

『現実』がやって来る、

呼んでもないのに・・・

 

こんばんは、

食欲の秋に

一回り大きくなった

あやかっこです。

 

体重計の上で、

思い知らされれた『現実』は、

『理想』を遥かに凌駕して・・・

 

そんなコトは、どうでもいいの

 

今日のテーマは、

『理想のアプローチ』

だよ~

 

遥か遠い『理想』に思いを馳せ、

冷たい『現実』に震えながら、

読むといいわ~

 

なんか、今日は・・・

変なテンションだね(笑)

 

 

ちょっと分かり難い話ですが・・・

お気楽に、ど~ぞ~!

 

アプローチの打ち方・・・

アプローチの引き出しは、

多ければ多いほどいいよね~

 

低い球、高い球、

スピンの効いた球、

転がる球・・・

などなど、

打ち分けられるとイイよね~

 

それぞれに、打ち方ってあるじゃん。

例えば・・・

低くスピンが効いた球なら、

ボールを右に置いて、

上から押しつぶす感覚でインパクト!

みたいな感じ。

 

基本的には、

打ちたい球を打つために、

ボールの位置や

身体の動かし方を決めるよね。

 

これってさ~

『理想のアプローチ』じゃない!

と思うのよね。

 

ボールの投げ方・・・

キャッチボールとかで、

ボールを投げる時に、

腕は、ココまで上げて~

左足で踏ん張って~

手首のスナップで~

な~んて考えないよね。

 

早い球を投げようとか、

山なりの球を投げようとか、

イメージするだけで、

身体が勝手に反応するよね。

身体の動かし方を意識しないで、

投げたい球が投げれるよね。

 

もしかして、

アプローチも一緒かも

って思ったのですよ。

 

理想のアプローチ

低くスピンの効いた球を

イメージした時に・・・

 

ボールの位置や、

身体の動かし方を意識しない。

勝手に身体か反応して、

イメージ通りの球が打てる。

 

これが『理想のアプローチ』

だと思うのよね~

 

(分かり難いので、繰り返すね)

 

打ちたい球を打つために、

「頭で考え」⇒「身体に指令する」

ではなく、

ボールを自然に投げる様に・・・

「身体が勝手に反応して、

適正なうち方をする」

ってのが理想ってことなのよね。

 

(やっぱり、分かり難いね・・・)

 

まとめ

打ちたい球をイメージするだけで、

身体が勝手に反応するアプローチが

理想なんだよね~って話でした。

 

遥か遥か遠い『理想』を追い求めて、

精進せねば!!

と思いつつ・・・

アルフォートを食べ続ける

あやかっこなのでした・・・

そりゃ、太るわ~

 

今日は、こんな感じで~す。

 

 

食べても太らない身体が理想だね~

あやかっこでした。

-ゴルフの話

執筆者:


  1. アバター やま より:

    やっぱりアプローチですね。
    ドライバーでミスしても、アプローチが上手くいくと、スコアよくなると考えています。

    • aya aya より:

      アプローチ大切ですよね~。
      思いのままに、ボールを操りたいですね。

関連記事

「決めれれば優勝!バーディーパットの緊張感!夢の現実の狭間で・・・」夢見る乙女の妄想物語だよ~

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「全てがギリギリなワタシ・・・」     仕事中って、眠たいのよね~ 眠りに落ちるギリギリで 堪えてるって感じ …

スライスを直したいのなら・・・これを見てね。桑田泉プロのクオーター理論があなたのスイングを激変させるかもしれません!

超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「スライスの直し方教えます!」   あやかっこ先生が、スライスで悩むあなたに 特別レッスンしますよ~(笑)   ・・・と言っ …

「完璧なグリッププレッシャーの習得」のために『手をつなごう!』フィット感や安心感のあるグリップができますよ!

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「ねぇ~、手つなご~っ!」     「グリッププレッシャーは、小鳥を掴むように」 なんて言われたことある人、 …

ゴルファーには、いろんな自慢があるけれど・・・ヘッドスピード自慢って、意味ないよね~って話です。

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「ヘッドスピード自慢って・・・」   ゴルファーなら誰だって、 自慢の一つや二つありますよね~ 例えば・・・ 「パープレ …

「ニアピン賞の取り方を教えてあげる」グリーンセンターにドス~~ン!! これでオールオッケ~だよ!

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「ニアピン賞、おめでとう~!!」     ゴルフコンペで、『ニアピン賞』取りたいよね。 だって、 景品もらえる …