【打ち下ろしの Par3】 『難しさ』と『攻略』をまとめたよ!3/4ショットが武器になるぞ!

打ち下ろし ショット

 

ゴルフコーチのあやかっこです

 

打ち下ろしのショートホール好きですか?

グリーンも見えるし、
ターゲットを決めやすいし、
簡単に思えますよね~

でもさ~
大叩きした経験ないですか?
意外と難しいんですよね~

 

ってワケで、今回のテーマは

打ち下ろしのPar3を考察!
『難しさ』と『攻略』って?

です。

テーマがピンポイント過ぎる??

まっ、いいよね~
それでは、ど~ぞ~!

 

打ち下ろしのPar3の『難しさ』って?

一番の『難しさ』は、
「距離合わせ」と「高低差」なのよね~

とうしても滞空時間が長くなると
様々な影響を受けちゃうよね。

例えば、
グリーンが10ヤード
打ち下ろしなら・・・
「番手を1つ下げてフルショット」
って選択する人いるんじゃない?

それも「あり」だけど・・・

もうちょっと考えてみましょう。

 

 

「番手を1つ下げてフルショット」の問題点は?

問題点は、2つかな~

スピン量の問題
曲がり幅の問題 

それぞれ説明するね~

 

スピン量の問題 

フルショットすると、
スピン量が増えるよね~

スピン量が増えると、
球が高く上がって風の影響を
受けやすくなっちゃうよね。

風の影響を受けてしまうと、
距離合わせが難しくなるよね。

 

曲がり幅の問題 

ショットが曲がった場合、
どんどん曲がっちゃうよね~

高低差があるために
滞空時間が長くなって、
ショットの曲がりが
増幅されちゃうって感じだよね。

「早く落ちろ~」
な~んて叫んでも、
なかなか落ちてくれないのよね。

高低差のせいで、
曲がり幅が
大きくなっちゃうと、
グリーンに乗せるの難しいよね~

 

打ち下ろしのPar3の『攻略』は・・・

スピン量を減らして、曲がらない球を打つ!

これなら・・・

風や高低差の影響を
できるだけ
減らせそうだよね~

でもさ~
スピン量が少なく曲がらない球
ってどうやって打つの~
って思うよね。

 

「スピン量が少なく曲がらない球」の打ち方は・・・

簡単だよ~
「番手を1つ下げてフルショット」
の反対をすればイイだけじゃ~ん!

番手は そのまま で 3/4ショット

これだね!

番手は下げないよ~
スイング幅を小さくね~
ライン出しショットだね~

これで、
低く強い球を打つのよ!

 ポイントは・・・

・ボールは半個内側にセット
・スイングをゆるめない
・ヘッドアップしない
・しっかり手を振る

こんな感じだね~

 

まとめ

打ち下ろしのPar3について考察してみました。

風や高低差の影響を受けると難しくなるので・・・
「低く強い球」を打つとイイのよ!

そのためには、
番手を下げずに 3/4ショット
のライン出しで攻めようぜ~
って話でした。

4つのポイントは・・・

・ボールは半個内側にセット
・スイングをゆるめない
・ヘッドアップしない
・しっかり手を振る

絶対、武器になると思うよっ!

 

今日は、こんな感じでした。

 

ちょっとテーマが、
マニアックだったかな?
あやかっこでした。

コメント

  1. やま より:

    打ち下ろしのパー3はむずかしいです。
    手前に落として、転がしてグリーンオンさせたいです。
    しかし、グリーン前に大きなバンカーがあると無理。
    こんな時は、グリーン左右でも、OKかな?

    • aya より:

      難しいですよね~

      バンカーを避けて安全な方から攻めるのは、もちろんOKですよ。
      グリーンに乗せずに寄せワン狙いもありかもです。

タイトルとURLをコピーしました