ゴルフフフッ

ゴルフ経験13年、あやかっこの敏感アプローチ

ゴルフの話

「パッティングのとき、グローブを外しますか?外しませんか?」外さない派のワタシが、それぞれの理由をまとめてみました。

超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです

 

「パターのとき、あなたはグローブしてますか??  」

 

パターのときは、

グローブを外すよ~

って人と

グローブつけたままだよ~

って人がいますよね。

それぞれに理由があるようですね。

 

ちなみに、ワタシは・・・

外さずに、そのまま

パッティングします。

 

ってわけで、今回のテーマは、

パッティングのとき、

グローブ外す?外さない?

あなたは、どっち???

です?

 

外す派、外さない派

それぞれの意見をまとめてみました。

どちらが正解ってわけじゃないけど、

反対派の意見も聞いてみましょう~

って気持ちで、読んでみてくださいね~

では、ど~ぞ!

 

 プロは、外す派が圧倒的だよね・・・

テレビ中継で、プロゴルフを見ていると、

セカンドショットをグリーンオンさせた

選手は、キャディーさんからパターを

受け取り、グリーンまで歩く間に、

グローブと外しているようですね。

そして、後ろポケットにグローブを

入れて、パッティングは、素手で打つ

選手が圧倒的に多いと思います。

 

 外す派の理由は?

多くのプロと同じ、

外す派の理由をまとめてみると、

①繊細なタッチで打ちたいから

②グローブをする必要がないから

③パター練習の時にしてないから

④気持ちの切り替えをしたいから

⑤左手だけ焼けないのを防ぐため

⑥プロが外してるから

などなどの理由があるようですね。

外す派のワタシもなるほど~

って思ってしまう納得の理由です。

 

 外さない派の理由は?

では、ワタシを含めた

外さない派の理由は、

①ショットと同じ感覚でパットしたいから

②少しの滑りが気になるから

③つけ外しの時間が無駄だから

④めんどくさいから

⑤余裕がないから

⑥日焼けしたくないから

などなどの理由があるますよね。

ワタシは、よくよく分かりますよ~

 

ワタシの理由は・・・

グローブは、外さない派の

ワタシの最大の理由は、

常に同じ感覚ですべてのショット、

パットを打ちたいから!

です。

グローブをつけたり外したりしていると、

微妙に感覚というか、フィーリングが

変わってしまいませんか?

そんな違和感が、気になってしまうので

ワタシは、できるだけ一日中

外したくないと思ってます。

できれは、ハーフターンの休憩も

外したくないんですけどね~(笑)

それは、さすがに無理ですよね。

 

まとめ

パッティングのときに、グローブを

外す!外さない!それぞれの理由を

まとめてみました。

あなたのこだわりが見えて面白いな~

なんて思います。

どちらが正解ってことでもないと思いますよ!

 

今日は、これでおしまいで~す!

 

 あなたは、どっち派ですか?

あやかっこでした。

-ゴルフの話

執筆者:


  1. やま より:

    自分は、パッティングの時は、グローブを外します。
    理由は単純です。左手だけ焼けないのを防ぐため。
    特に夏はそうですね。

    • aya より:

      左手だけ焼けてなくて、白い人いますよね。
      いわゆる、ゴルフ焼けですね(笑)

      逆に焼けるの嫌で外さない女性もいますね。

関連記事

救済作戦

飛ばないオジサマ救済作戦??飛ばしの方法なんて教えてあげな~い!

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「飛ばない人~!集まれ~!」     飛距離って、とっても重要だよね~ 飛んだら有利だもんね~ だから、誰だっ …

綺麗な桜

<スタジオアリス女子オープン観戦レポート> 3つの『静』が美しい! 地味な地味な観戦レポートです・・・

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「静かに・・・美しく・・・」     4月12日(金)~14日(日)に 「スタジオアリス女子オープン」 を観戦 …

「ミスを冷静に分析して、ラウンドを振り返ろう!」 そこにあなたの先生がいるかもしてません。

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。 「人生に失敗がないと、人生を失敗する。」 これは、歌人・斉藤茂吉さんの言葉です。   「失敗」だらけのワタシが言うのもなんですが・・・ …

ジャンボ尾崎

ワタシ達って、黄金世代??? ゴルフラウンドレポートで~す

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「ジャンクスポーツ見た?」     今日は、ゴルフでした。   メンバーは、 エリナ(24歳) (こ …

「ド・スライスを操る男は、グリーン上でもスライサー」って、お話です。自分の形にこだわる変態ゴルファーがいたのよね~

超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「大事なのは、自分の「形」を持っているかどうかです。」 これは、イチロー選手の言葉です。   この前ね、会社のコンペがあったのね。 そ …