ゴルフフフッ

ゴルフ経験13年、あやかっこの敏感アプローチ

ゴルフの話

「パッティングのとき、グローブを外しますか?外しませんか?」外さない派のワタシが、それぞれの理由をまとめてみました。

aya

超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです

 

「パターのとき、あなたはグローブしてますか??  」

 

パターのときは、

グローブを外すよ~

って人と

グローブつけたままだよ~

って人がいますよね。

それぞれに理由があるようですね。

 

ちなみに、ワタシは・・・

外さずに、そのまま

パッティングします。

 

ってわけで、今回のテーマは、

パッティングのとき、

グローブ外す?外さない?

あなたは、どっち???

です?

 

外す派、外さない派

それぞれの意見をまとめてみました。

どちらが正解ってわけじゃないけど、

反対派の意見も聞いてみましょう~

って気持ちで、読んでみてくださいね~

では、ど~ぞ!

 

 プロは、外す派が圧倒的だよね・・・

テレビ中継で、プロゴルフを見ていると、

セカンドショットをグリーンオンさせた

選手は、キャディーさんからパターを

受け取り、グリーンまで歩く間に、

グローブと外しているようですね。

そして、後ろポケットにグローブを

入れて、パッティングは、素手で打つ

選手が圧倒的に多いと思います。

 

 外す派の理由は?

多くのプロと同じ、

外す派の理由をまとめてみると、

①繊細なタッチで打ちたいから

②グローブをする必要がないから

③パター練習の時にしてないから

④気持ちの切り替えをしたいから

⑤左手だけ焼けないのを防ぐため

⑥プロが外してるから

などなどの理由があるようですね。

外す派のワタシもなるほど~

って思ってしまう納得の理由です。

 

 外さない派の理由は?

では、ワタシを含めた

外さない派の理由は、

①ショットと同じ感覚でパットしたいから

②少しの滑りが気になるから

③つけ外しの時間が無駄だから

④めんどくさいから

⑤余裕がないから

⑥日焼けしたくないから

などなどの理由があるますよね。

ワタシは、よくよく分かりますよ~

 

ワタシの理由は・・・

グローブは、外さない派の

ワタシの最大の理由は、

常に同じ感覚ですべてのショット、

パットを打ちたいから!

です。

グローブをつけたり外したりしていると、

微妙に感覚というか、フィーリングが

変わってしまいませんか?

そんな違和感が、気になってしまうので

ワタシは、できるだけ一日中

外したくないと思ってます。

できれは、ハーフターンの休憩も

外したくないんですけどね~(笑)

それは、さすがに無理ですよね。

 

まとめ

パッティングのときに、グローブを

外す!外さない!それぞれの理由を

まとめてみました。

あなたのこだわりが見えて面白いな~

なんて思います。

どちらが正解ってことでもないと思いますよ!

 

今日は、これでおしまいで~す!

 

 あなたは、どっち派ですか?

あやかっこでした。

-ゴルフの話

執筆者:


  1. アバター やま より:

    自分は、パッティングの時は、グローブを外します。
    理由は単純です。左手だけ焼けないのを防ぐため。
    特に夏はそうですね。

    • aya aya より:

      左手だけ焼けてなくて、白い人いますよね。
      いわゆる、ゴルフ焼けですね(笑)

      逆に焼けるの嫌で外さない女性もいますね。

関連記事

礼をしましょう

『コースに一礼』そんなゴルファーにワタシはなりたい・・・

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「コースに一礼!」   スタートホールの ティーショット前と 最終ホールのホールアウト時に、 コースに向かって『一礼』 …

「バンカーショットは、爆発だ~!」 バンカーショット対決・・・その結果は?

超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」   この前ね、会社のコンペがあったんですよ。 そのラウンド中に、 思い掛けない勝負 …

閉鎖するゴルフ場の物語「ココロの小さな炎」です。

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「なぜ、山にのぼるのか。そこに、山があるからだ」   そうよね~、 山が無いと登れないもんね~   「なぜ、ゴ …

考えてスイングしない

「スイング中は、何も考えるな~!」って言われても考えちゃうよね~ 無の境地でビュ~ン!と振っちゃえ~って話です。

  超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「頭を使うな~!」     ゴルフは・・・ 「耳と耳の間でするスポーツ」 な~んて言われてますよね~ 『耳と耳 …

ゴルフには、「スタンディングスタイル」が向いているのかもね。でもね、カートにおしぼりを用意してください。これ、何の話??

超感性&貧乏ゴルファーのあやかっこです。   「でものはれものところきらわず・・・」   あれ?〇〇さんは? ティーグランドで、打順が来てるのに 姿が見えない・・・ すると、藪の中 …